金色と風水

風水では、金色と言えば、最高の栄誉でありオリンピックの金メダルです。

風水では、金色と言えば、最高の栄誉でありオリンピックの金メダルです。
同じ、オリンピックの表情台でも、やはり、金は銀や銅とは比較できない優れた存在です。

 

実際、金自体、取っても高価で尊いものです。そこには、強い力を感じるのです。
金色には、良いものを引き寄せる力を感じます。

 

王冠も、金です。また、王さまは金の食器を使われるとも言われています。
尊い方が所有しているもの、それが金なら、
金は尊いものは引き寄せる力があるのだと思います。
その力が最強のものとされるのです。

 

しかし、金があまりにも強い存在だから、使い方には知恵が必要になってきます。
先ず、場をわきまえて使う必要があります。

 

さりげなく、しかし、その、存在は確かなものであり、その人の品性を表すものでなければ
いけません。金を上手に使いこなすことは難しいですが、しかし、とても、興味ある
不思議な力を感じます。

銀色と風水

風水では銀色の持つ、その力も大切な存在です。、つまりシルバーは、金の次にもらえる2等賞です。
金色を太陽にもし、例えるとしたら、銀色は夜の空をてらす月のような存在です。

 

銀色は持続力を表す色でもあります。仕事や、家庭、コツコツと頑張らなければいけない
生活の一部でるのが銀であると思います。
シルバーのアクセサリーがよく、店頭で見かけますが、売られている時は輝いていても、
いざ、買って使ってみると、すぐに黒ずんでくるのもシルバーの特徴です。

 

シルバーは手入れもコツコツとしないと、輝きを消してしまうように、仕事も家庭も
シルバーも一緒にコツコツと磨き上げるのもいいのではないでしょうか?